埼玉県の県魚「ムサシトミヨ」を護る活動

 みなさんは自分の住む都道府県のシンボルをご存知でしょうか。

埼玉県のシンボルの一角に「ムサシトミヨ」という魚がいます。

2019tomiyo7.jpg
※埼玉県ホームページより引用

「ムサシトミヨ」は絶滅危惧種1A類(環境省)に分類されていて、
定期的に開催される生息地保全活動にも多くの在校生が参加していますが、
今回は”授業の一環”として、国際海洋・飼育学科の1年生が保全活動に参加しました!

2019tomiyo2.jpg

2019tomiyo3.jpg

複数のポイントを定めて水質調査や生物調査なども実施。

2019tomiyo4.jpg

2019tomiyo5.jpg

2019tomiyo6.jpg
「ムサシトミヨ」に対して影響を及ぼすアメリカザリガニ。今回は200匹以上を捕獲。

学校の授業だけでは感じることのできない水の中での作業の注意点や、
実際の環境を自分の目で見て認識することなど、フィールドに出るとさまざまなことが勉強できます。

”仕事だから”ではなくて、動物のことが大好きな一人ひとりが、
「護る」ことを意識して日々過ごしていけたら、もっと動物が暮らしやすい環境になると思います。

動物のプロとして、これからも正しい知識を覚え発信していきましょう!!
在校生の皆さん、おつかれさまでした!

by Omiya Public Relations | 2019.07.04 |
 前の記事>>