ホーム >  受験生の方へ >  入学案内 >  奨学金・特待生
奨学金・特待生

奨学金制度

当学園では、経済的に修学が困難な学生に対し、奨学金や教育ローンを利用することができます。毎年多くの学生が利用しており、学校では随時問い合わせや申し込みに関する相談を受け付けています。利用を希望する学生はぜひご相談ください。また、毎年4月下旬頃に奨学金に関する説明会を行っています。

シモゾノ学園特待生

「学業成績」及び「人格」において優れている学生を、「特待生」として2年次および3年次に奨学金を給付する制度です。

対象者

  • 大宮国際動物専門学校及び国際動物専門学校の専門課程
  • 各科1年在学生で、2年生および3年生に進級予定で以下に該当する者
    ①1年次の出席率が原則100%
    ②成績が全校で上位5%内
    ※採用定員があります

支援内容

  • 1種特待生
    2年次・3年次に奨学金として50万円を給付する...1名
  • 2種特待生
    2年次・3年次に奨学金として25万円を給付する...2名
  • 3種特待生
    2年次・3年次に奨学金として10万円を給付する...5名

決定の案内

校長の主催する「認定会議」において、審査・選考により対象者を決定する

下薗龍二記念奨学金

志を持って勉学を続けている学生を対象に、返還不要の奨学金を給付する制度です。
この制度は、初代理事長であり創業者である下薗龍二氏が学校法人シモゾノ学園を創業した偉業を記念し、氏の志を継いでいく学校法人シモゾノ学園の学生の目標実現を支援するために設立されました。

申請対象者

1.地方出身者で独居生活をしている者(東京・神奈川・千葉・埼玉、各都県出身者は除く)
2.経済的理由により修学が困難であると認められた者
3.兄弟で同時期に在籍する場合の兄姉
上記1〜3のいずれかに当てはまり、以下の条件を満たす者
●大宮国際動物専門学校および国際動物専門学校に在籍する2年生および3年生
●出席率および成績優秀者で、志を持ち目的の実現のために努力している者
●2年生進級時および3年生進級時に担任教師を通じて自己推薦した者


支援内容

月額2万円

決定の案内

対象者の条件を基準に、校長の主催する「認定会議」において決定し、3ヶ月ごとに給付(学生本人の口座に振込)する。

申請方法

・4月~3月までの1年間
※ 1年間経過後に再申請することができる(3年生進級時)
※ 左記の対象条件に変更が生じた場合は給付停止の場合あり

申請方法

毎年2月下旬に募集要項を発表する。
下薗龍二記念奨学金制度を希望する者は「下薗龍二記念奨学金制度申請書」を記入の上、提出。

詳しくはお気軽にお問い合わせください

家族入学支援奨学金制度

シモゾノ学園の教育理念「心を大切に、感謝の気持ちで自然を思い、人と動物の真の共存共生」が卒業生とそのご家族によって大きく広がり、より動物業界への寄与を深める形となってきています。これからの10年、20年、そして人間と動物が共生していく未来永劫に対して教育理念のもと、確実な人財育成を行います。

対象者

学校法人シモゾノ学園 大宮国際動物専門学校、国際動物専門学校の卒業生をご家族に持つ本学園の新入生
(ただし、対象は卒業生に限る。中途退学の場合は対象外)

支援内容

入学試験に合格した場合、入学後申請により奨学金として10万円を給付する。

申請方法

・出願までにご家族に本学園卒業生がいる旨を入学相談室に申告する。
・入学後「家族入学支援奨学金制度申請書」を記入の上、提出。

公的奨学金

日本学生支援機構

日本学生支援機構は、経済的理由により修学が困難である優れた学生に対し、学資として奨学金を貸与します。
奨学金には、無利子の第一種奨学金と利子付きの第二種奨学金があります。

    特徴
  • 高校在学中に申請する予約採用と本校入学後に申し込む在学採用があります。
  • 毎月一定額の奨学金が日本学生支援機構から貸与されます。
  • 保証人や連帯保証人が不要の制度もあります(要・保証料)。
利用の流れ
学校:入学後の4月に本校で説明会を実施します
学生:必要書類を添え、本校へお申し込みください
学校:本校で書類を確認し、日本学生支援機構へ申し込みを行います
日本学生支援機構:本校へ採用決定の連絡が入ります
学校:採用決定通知を申し込み者にお知らせします
入学後の申し込み[在学採用]
  第一種奨学金 第二種奨学金
貸与月額 自宅通学:5万3千円または3万円
自宅外通学:6万円または3万円
30,000円・50,000円
80,000円・100,000円
120,000円
利子 無利子 年利3%を上限とする利子付
(在学中は無利子)
申込先 専修学校(本校)
貸与開始 6月もしくは7月
貸与期間 4月から卒業予定年月まで 4月〜9月の間で希望する月
〜卒業予定年月まで
出願資格 ①2年制課程以上の学科に在籍し、新入生であること
②高等学校の学習成績評定基準が3.2以上
③経済的に修学が困難であること
④日本学生支援機構の定める収入限定額内であること
※収入・所得の目安は4人世帯で
自宅通学の場合
給与所得者 821万円程度
給与以外の所得者 389万円程度
①2年制課程以上の学科に在籍し、新入生であること
②高等学校の学習成績が出身校の平均水準以上であること
③経済的に修学が困難であること
④日本学生支援機構の定める収入限定額内であること
※収入・所得の目安は4人世帯で
自宅通学の場合
給与所得者 1,137万円程度
給与以外の所得者 705万円程度
返還方法 卒業後、月賦または月賦・半月賦併用の自動口座引落し(リレー口座)による返還

※第一種奨学金と第二種奨学金の併用もできます。

独立行政法人 日本学生支援機構
http://www.jasso.go.jp/

教育ローン

「国の教育ローン」日本政策金融公庫

    特徴
  • 入学前にまとまった金額が利用できます(要・合格通知)。
  • 審査の手続が比較的簡単で早く、いつでも申し込み可能。
    ※入学資金については、入学される翌月末までの取り扱いとなります。
  • 国のローンなので、安心です。
  • 金利が低く、最長15年間の分割払いができます。
融資額

学生・生徒一人につき350万円以内(1年分の費用が融資の対象となります)

返済期間

返済期間 15年以内(※交通遺児家庭、母子家庭、父子家庭または世帯年収200万円の方については3年の延長が可能です。)

据置期間

在学期間内で元金のご返済を据え置くことができます(返済期間に含まれます)。

保証

(公財)教育資金融資保障基金または連帯保証人(1名以上)

返済方法

毎月元利均等返済。ボーナス月増額返済(融資額2分の1以内)。

申込方法
保護者:
①日本政策金融公庫 本・支店窓口またはコールセンターへの請求で『借入申込書』を入手
②『借入申込書』に必要事項を記入
③必要書類を添付
④お近くの日本政策金融公庫 本・支店に提出してください
※インターネットからもお申し込みが可能です
日本政策金融公庫:融資のお知らせ(兼借用証明書)が郵送されます
借用証明書および必要書類をご提出ください

TEL:0570-008656
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

民間の教育ローン

  • Webで簡単申込。審査に時間もかかりません。
  • 原則保証人不要。収入基準や学力規制もありません。
  • 各種奨学金との併用も可能。
  • 入学金、授業料、施設設備費等の学費や海外研修旅行費用にも利用可能。

金利手数料 実質年率 4.30%
※平成28年4月1日現在

支払方法
  1. 普通分割払い
  2. 在学中は分割手数料のみ支払。卒業後普通分割払いへ。
お申込み〜ご返済までの流れ
提携ローン会社へ学費ローンの申込
ローンの審査で承認されましたら提携ローン会社より本校へ学費が支払われます
①、②から返済方法を選んで返済開始

※民間の教育ローンについての詳細は、入学相談室にお問い合わせください。

学費分納制度

本校では、経済的な理由から進学をあきらめざるを得ない受験生のために、平成29年4月に本校に入学を希望する方を対象に「入学金と諸費用を除いた前期分学費」の分割納入の特別制度を設けました。本制度は、校長の主催する「認定会議」において審査、選考により対象者を決定します。

[ 対象者 ] 下記条件を満たしている者
  • 経済的理由によって、学費を一括して納入することが難しいと判断された受験生
  • 前期均等分納計画に従い納入できる受験生
[ 申請方法 ]

①オープンキャンパスの個別相談時に相談された方に「学費分納制度利用申請書」を配布。また電話で問い合わせをされた方へは、申請書を郵送。
②申請書を出願時に出願書類と共に必ず提出。
※学費分納制度の利用を認定するに際し、申請内容について確認の連絡をさせていただく場合があります。

[ 注意事項 ]

学費分納制度は入学手続き時の「入学金と諸費用を除いた前期分学費」のみが対象。
※「入学金」「諸費用」および入学前に必要になる「教科書・実習器具・実習ユニフォーム費用」(約15~30万円)は対象外。
※入学後も学費分納制度を利用することが可能(別途手続きが必要)。

特待生インタビュー

実際にシモゾノ学園特待生制度を利用して、現在勉強や実習に励んでいる学生たちに、特待生に選ばれるまでの過程や選ばれた感想、将来の目標などについて、お話を聞きました。

両親と喜びを分かち合った「特待生認定」の瞬間。


美容・デザイン学科
2016年3月卒業
高野 真由子さん
(埼玉県立 桶川高等学校 出身)

試験のためではなく、将来のためにがんばっていた勉強が、結果として特待生というかたちで身を結びました。
母親に一番に報告したのですが、私以上に喜んでくれました!日々の自分の努力が認められた気がしてとてもうれしかったです。熱心な先生方や仲間たちと1日も休まず取り組んだことで得られた結果だと思うので、今後もこの姿勢を忘れずに努力を続けていきます。
また、今までに学んだことを糧にして、夢に向かってより深い知識・技術を得られるようこれからも日々前進していきます。

お問い合わせ、質問は...

奨学金や特待生制度について分からないことがあれば、お気軽にお問い合わせください。


または
03-5430-4400

 

大宮国際動物専門学校
(埼玉県さいたま市大宮区桜木町 2-289-2)
JR、東武、埼玉新都市交通 「大宮」駅 徒歩7分
048-648-8400
omiya-kokusai@iac.ac.jp