動物看護・エキゾチックペット学科動物看護・エキゾチックペット学科
多種多彩な動物たち。自然環境から管理を学び、動物飼育のプロフェッショナルに。

学びの3ポイント

-エキゾチックペットの知識を学び、大切な動物たちの健康をまもる! -

  • Point1犬猫+エキゾチックペットの健康管理と看護を学ぶ

    犬猫と異なり、人とのコミュニケーションが難しいエキゾチックアニマルですが、日本での飼育数が増え続けています。主に来院するウサギ・ハムスター・モルモット・鳥を中心とした動物の看護知識と技術を身につけます。

  • Point2毎年全国平均の合格率を大幅クリア認定動物看護師資格取得を獣医師と認定動物看護師教員がサポート

    動物看護師統一認定資格取得に必要な動物看護師統一認定機構コアカリキュラムによる教育。年間を通して定期補講や集中講義を受講しながら、業界最短の2年間で資格取得を目指します。

  • 動物看護師統一認定資格、合格率93.7%!

    2017年度 大宮国際動物専門学校の合格率は93.7%でした。
    動物看護・栄養学科の62名が受験し、60名が合格しました。
    この結果は、全国平均の合格率を約12%上回る高い合格率となりました。

  • Point3豊富な学内・学外研修を獣医師と認定動物看護師によるチーム動物看護で学ぶ

    動物病院で認定動物看護師が担う基本的な看護技術と各種検査技術を実習の反復により身につけます。現場経験の豊富な講師陣が最新の情報を教授しています。

 

育成人財像

「イヌ・ネコ・エキゾチックペットの健やかな生活を支援でき、動物医療において生産性を高められる認定動物看護師」を育成する

卒業時の目標

  • 動物が健やかな生活を送ることを支援できる
  • 動物医療において動物看護の知識と技能を持ち、動物と飼い主に寄り添うことができる
  • イヌ・ネコ及びエキゾチックペットの飼育・健康管理ができる
  • 物おじせずコミュニケーションが取れ、プレゼンテーションができる
  • 社会人としての品格(法律・道徳・マナー)を表現できる
  • アニマルウェルフェア(動物福祉)を正しく理解し実践できる
  • 自らの行動を通して動物福祉を周囲の人たちに啓発できる
 

学生だからこそ存分に勉強!資格にもトライ!

動物看護・栄養学科 2年
埼玉県立 いずみ高等学校出身

渡邉 裕真 さん

動物を助けたくて動物看護師を目指したけど、この学校で学んだのは、中途半端な知識では動物の助けにつながらないということ。正しい知識と看護技術こそが傷ついた動物には必要だと気づきました。広範な知識を学べるし実習時間も多いので、日夜勉強に励んでいます。学生の今だからこそ統一認定資格やその他の資格に挑戦し、自分に自信をつけておきたいですね。

 

目指す職業

  • 認定動物看護師

卒業後の進路

  • 動物病院
  • 総合ペットショップ
  • ペットシッター
  • ペットホテル
  • 動物関連企業 など

取得可能な資格

一般財団法人 動物看護師統一認定機構 認定

  • 動物看護師統一認定資格★2

NPO法人 日本動物福祉職能協会 認定

  • 動物栄養管理士 3級★1、2級★2
  • 小動物飼育管理士3級★2

(公社)日本愛玩動物協会 認定

  • 愛玩動物飼養管理士 2級*、1級*

日本ペット栄養学会 認定

  • ペット栄養管理士*

PADI 認定

  • スクーバダイビング*
  • ★1 1年次
  • ★2 2年次
  • * 選択取得